[LOHAS(ロハス)とは]


Lifestyles of Health and Sustainability (健康で持続可能なライフスタイル)の頭文字を集めた造語。社会学者のポール・レイ (P. H. Ray) と心理学者のシェリー・アンダーソン (S. R. Anderson) により全米社会消費調査を実施、健康や環境、社会正義、自己実現やサステナブルな暮らしを重視する消費動向米国の2268 億ドル規模(1990後半当時)の市場をあらわすマーケティング用語。

これらの消費者はCultural Creatives(生活創造者)やLOHAS コンシューマーとも呼ばれ、米国では成人人口の約3 割、6,300 万人にのぼります。しかし、環境問題への関心や、健康、人権擁護の問題だけでLOHAS コンシューマーを語りつくせるわけではありません。LOHAS コンシューマーの世界観は、広く、世界の経済・文化・環境・政治システムは相互に関わっているということだけでなく、心とからだ、精神が一体となってヒトの潜在能力が最大限に発揮されるといった信念にもとづいています。自己実現がLOHAS コンシューマーの最大の関心事なのです。かつてニューエイジとして社会の周辺部に押しやられていたスピリチュアリティが、社会の中心へと移ってきたのです。

LOHAS 市場は、もともとNatural Business LOHAS Journal 誌の出版社Natural Business Communications が2000年によって行われた調査で確認されました。市場は、5 つの部門で構成されており、健康の増進、生態系の保護、ヒトの潜在能力の持続可能開発、天然資源利用の減少、ヒトと自然界の調和的共存を目的とした製品やサービスが社会的に公正な形で創造され、実現されています。

「産業の時代」を活気づけたのが機械であれば、真のポスト産業時代に息吹を吹き込むのは生物系のイメージであろう、とピーター・センゲ氏他はSloan Management Review 誌の中で述べています。

[LOHAS WORLD について]


LOHAS WORLDは、「自然の素晴らしさを残す・伝える」をコンセプトに、国内のグリーンコンシュマー拡大と環境危機意識を消費者に伝える事と様々なジャンルに繋がるグリーンビジネスの活性化を目的とし、自然と社会を繋ぐコミュニティの場として2003年に設立、ロハスコミュニケーションの構築を、展示会・商談会・交流会・セミナー・ツアー等を通じて活動しております。更なるサステナブルライフスタイルを皆様にご提案いたします。